スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ディオールの財布・バッグ大好き

ディオール財布・バッグの購入は極楽ライフ激安ブランド販売へどうぞ

ディオールの歴史

1905年、フランスのノルマンディーで裕福な実業家の家に生まれる。外交官を志して、政治学院に学ぶが、在学中に当時、台頭していたシュールレアリスムに魅せられ、友人と画廊を開設した。ダリやコクトーなど多くの芸術家と親交を深めるが、30年代の恐慌に見舞われ失職する。このとき、友人からデッサンを習い、1938年、ロゲール・ピゲに見込まれてモード界に入る。後に、ルシアン・ルロンのメゾンへ移る。

1946年、当時41歳のクリスチャン・ディオール(1905年1月21日生まれ)は、フランスの大実業家マルセル・ブサックと出会い、パリ・モンテニュー通り30番地クリスチャン ディオール オートクチュール メゾンが誕生する。

1947年、記念すべき第1回目の1947年春夏コレクションにて「コロールライン」と「エイトライン」を発表。丸みを帯びた肩に胸、ウエストは細く絞られ、スカートは布を贅沢に使い、ペチコートで膨らませたラインが踵まで伸びる女性らしさを引き出した華麗なスタイルだった。シャネルによって機能的な美しさがアピールされた後に、ディオールはフェミニンな美しさを改めて強調したのである。これを、ハーパース・バザール誌の編集長カーメル・スノウが「ニュー・ルック」と呼び、「クリスチャン・ディオールは、モード界に革命を巻き起こした」と絶賛した。
ディオールは、アメリカ、ダラスで、モード界のオスカーであるニーマン・マーカス賞を受賞。3つのアトリエ、90人の従業員、そして130万フランの年商、フランスのオートクチュールの輸出総額の75%を占めるに至った。

1948年、アメリカにおいてライセンス生産を開始。「クリスチャン・ディオール・ニューヨーク」を設立、そこがニューヨークの靴下会社プレスティージ社と契約し「クリスチャン・ディオール」ブランドのナイロンストッキングの製造を許可した。これが、ブランドによるライセンス生産のはしりといわれる。
また、バルファン クリスチャン ディオール社が設立される。オートクチュール、プレタポルテ、アクセサリーを扱う。
クリスチャン ディオール バルファン ニューヨーク社を設立。
パリ本社に、クリスチャン ディオール毛皮部門を設立。
続いて、48年にはジグザグライン、50年パーティカルライン、51年オーバル、52年シニュアス、53年チューリップ、54年Hライン、55年Aライン、56年アローラインと次々に発表し、センセーショナルを起こした。このシーズンごとに新しいラインを名づけて発表するというのもディオールがはじめたことである。これはマスコミにも一般大衆にもわかりやすくするためで、ディオールは戦後のファッション界が一部のお金持ちのためではなく、一般大衆の手にゆだねられることをこの時点で理解していたのである。

1954年、ロンドンにクリスチャンディオール支社を設立。パリ本社では、1、000人の従業員、29のアトリエ、5つのビルを持つまでになった。

1957年10月24日ディオールは53歳の若さで心臓発作により急逝する。若干21歳のイブ・サンローランが引き継ぐことになった。これにより、デザイナーの死後もメゾンは残り、ブランドを引き継ぐというビジネスモデルが成立することとなった。その後、マルク・ボアン、ジャンフランコ・フェレと引き継がれ、1997年からはジョン・ガリアーノがデザイナーとして君臨しています。

ディオール財布・バッグの購入は極楽ライフ激安ブランド販売へどうぞ
スポンサーサイト
  1. 2005/08/31(水) 00:59:44|
  2. ファッション
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。